ダイエットの鉄則は「運動1割・食事9割」。現役ボディトレーナーが説く「ダイエットとは減量や痩せることが目的ではなく、○○を変えること」。その○○とは・・・

同じライター仲間でダイエットに挑戦中の友達がいます。
減量と、ぽっこりお腹解消・背中のぜい肉撃退のため、毎日10-15km走っているそう。
平行してプロテインを飲みながら筋トレを行い、ジョギング前にスーパーバームをイッキ飲み。

 

 

そんな彼女いわく、

「体がゼンゼン変わらないし、体重も減らないの~!!」

150804_01
画像引用元 https://thewildwithinmelupusjournal.wordpress.com/

 

 

悩める彼女に、ダイエットするにあたって食事はどうしてるのかと訊いたところ、夕食時に炭水化物を摂らないようにしてるのと、間食を控えることをやっているそう。いわく、

 

「食べる量を減らしたり食事内容を変えたりだと、ストレスになって絶対続かないから、できるだけ運動でなんとかしたいの」

「ワタシ的には、『好きなものをお腹いっぱい食べても太らないカラダ』になるのが理想!」

とのこと。

 

 

食事内容は変えず運動メインのダイエット。
そして、
好きなものをお腹いっぱい食べても太らないカラダ。

 

確かに、実現できれば、ほんとにそうなれればまさに理想的ですよね。
ですが、その彼女の言葉に、なんとも拭いがたい「違和感」めいたものを感じずにいられませんでした。

 

 

 

 

●ある本に出会ったことで、その「違和感」の正体が判明しました。

 

そんなある時、なかなか面白い本を見つけました。
なにが面白いって、タイトルがすごい。

 

 

『ダイエットは運動1割、食事9割』」

 



著者は、加圧トレーニング・ピラティススタジオ「rinato」を経営し、現役のモデルや女優をクライアントにボディトレーニングの指導をするボディワーカー、森拓郎さん。

 

 

さらに森さんのブログをみると、

 

「本の中で書いてありますが、
(本のタイトルを)”1:9”にしているのはキャッチーな数字だからというのは
恥ずかしながらあるのですが…。

先日ブログでも申し上げたように、
ダイエットは食事10割です。むしろ。とのこと。
出典 俺は運動3割、食事7割くらいだと思うけどなーという人。|森拓郎 オフィシャルブログ

 

 

このひと言に、友人のひとことで感じていた「違和感」がパツーン!と消えました。そして、早速、その女友達に進言(笑)。

 

そうなんですよ。ダイエットって、「バランスの取れた食習慣」と「適度な運動習慣」はいずれも必須で、いわば車の両輪のようなもの。どちらか一方だけ集中的にやっていても、理想のカラダにはならないんです。

 

ましてや、『好きなものをお腹いっぱい食べても太らないカラダ』になるのが理想!などと言ってしまうあたり非常にマズイ。

「好きなものを好きなだけ食べたい」「いくら食べても太らない体に」「だからダイエットして痩せよう!」と望むその時点で、ダイエットは半ば失敗に向かっているようなもの です(※自己体験あり(涙))

 

 

 

 

 

●『好きなものをお腹いっぱい食べても太らないカラダになる!』をダイエットの目標に掲げると失敗する理由

150804_02

 

「いくら食べても太らないカラダ」・・・これを目標としてダイエットしよう!と望むその気持ちは、ほんとにもー、痛いほどよく分かります!
そりゃ、好きなものなら好きなだけ、お腹いっぱい食べたいですし、その上で、「いくら食べてもデブにも病気にもならない、スレンダーで健康的で美しいボディ」のままでいたいですよ、そりゃーもう。

 

でも、『好きなものをお腹いっぱい食べても太らないカラダになる!』をダイエットの目標にすると、大概ダイエットは失敗します。

 

「好きなものをお腹いっぱい食べれば太る」という、至極当たり前の現実に、今更の如く打ちのめされ、挫折するからです。

さらにいえば、「加齢等の理由から代謝も筋力も低下する年代にも関わらず、好きなものをお腹いっぱい食べれば当然のごとく太るし、おまけになかなか痩せられない」という現実に打ちのめされます。

 

というのも、そもそもこれ、目標設定の時点で間違ってるんですよ。
それこそ、前述したボディトレーナー森拓郎さんの「ダイエットは運動1割、食事9割」という言葉こそがキーワードなんです。

 

 

 

 

 

●「ダイエット=減量、痩せること」ではない

image

 

「ダイエットは運動1割、食事9割。いや、むしろ、ダイエットは食事10割です」と提唱するボディトレーナー森拓郎さんいわく、

 

「著書の中でも説明していますが、
そもそもダイエットという言葉に皆さん勘違いがあるようです。

というのも、ダイエットの語源からです。
“ダイエット(Diet)の語源は、ギリシア語の「生活様式」「生き方」を意味するDiaitaという言葉からきているとされています。
本来「健康的な体型になるための食事療法または食事そのもの」を指す言葉なので、痩せ過ぎの人が食べる量を増やし、適正体重に戻すことも「ダイエット」といいます。”
「運動指導者が断言!ダイエットは運動1割、食事9割」 より抜粋
現代では、ダイエット=減量という意味で使われていますが、これこそが極端な表現ということになります。
出典 「ダイエットは食事9割」は極論か?いえ、ど真ん中です。むしろ食事10割です。|森拓郎 オフィシャルブログ

 

 

さらに、森さん曰く、

 

「「ダイエット」と「ボディメイク」は分けて使うべきだと私は思っているのです。

ダイエットは食事療法そのものであり、現代でその目的の殆どが痩身だったとしても、◯◯kg痩せたとかのところをゴールにすることではないと思うのです。

食事療法としてとらえているダイエットの場合、まずその人の乱れた食生活を元に戻すことが大前提になるわけなのですが、あくまで目的がストレスなく理想的な食生活を送れるようになるところなのです。

それができれば、自然と体型もかわっていくわけですし、もちろんリバウンドもしません。

当たり前です。太る原因自体が食行動によるものなのですから。

リバウンドしない状態を作れたところがダイエット終了なんです。」
出典 「ダイエットは食事9割」は極論か?いえ、ど真ん中です。むしろ食事10割です。|森拓郎 オフィシャルブログ

 

 

「しかし、ダイエットを◯◯kg痩せるところを目的としてしまった場合はどうでしょうか。
正しい食生活をして痩せたとします。

でも、◯◯kg痩せたところでダイエットが終了してしまうわけです。
しかも、理想の体型になるまで我慢をして正しい食生活をしていたのであればどうでしょうか?
その人は元の乱れた食生活に戻り、リバウンドしてしまうわけです。

出典 「ダイエットは食事9割」は極論か?いえ、ど真ん中です。むしろ食事10割です。|森拓郎 オフィシャルブログ

 

 

「*kg痩せるためにダイエット」と目標を掲げると、数値目標をクリアしたら、「やったー!ダイエット終了~!!」的に、それまで続けていた食事制限や運動すらも一切やめてしまう、っていうこと、ありませんか? 

 

あくまでもダイエットの趣旨は「体重を落とすこと」だったり「痩せる」だったり。そして、そもそもダイエットを始めるに際しても、「痩せたらダイエットは終了!」という前提でいたり

 

なんなら、「がんばって痩せたんだし、痩せたご褒美に、ダイエット中ずっとガマンしてたランチブッフェやケーキバイキングに行ってお腹いっぱい食べちゃおーっと♪」と決めていたり・・・
150729_06
画像引用元 http://www.123rf.com/

 

 

 

だけど、よくよく考えれば分かることですが、「痩せればなんだっていい」わけじゃないですよね。「体重が一時的に*kg減ればOK」じゃないですよね。
どうせなら、「理想的なカラダをキープ」したいし、「リバウンドしない状態」を作りたいですよね?

 

 

 

 

 

●ダイエットとは「乱れた生活習慣を整えること」
150804_05
画像引用元 http://www.123rf.com/

 

 

 

食欲の暴走、暴飲暴食、運動不足などを正し、バランスのとれた食習慣、適度な運動習慣をとりいれること。
さらに、前述の森さんの言葉を借りれば、「食欲をコントロールすること」。
「減量」「痩せる」はあくまでも副産物。乱れた生活習慣を整えたその結果、「体重が落ちる」「痩せる」が起こるわけですから。

 

 

「好きなものを好きなだけ食べたい」 これは正しい食習慣でしょうか?
違いますよね。バランスのとれた食習慣が身についおり、正しく食欲中枢が働いていれば、「自分の体にとって必要な栄養素やその適量」が分かっているはず。必要以上に「お腹減った!」「もっと食べたい!」にはならないですよね。

好きなものを好きなだけ食べたいという衝動があるということは、ある意味、「食欲が暴走し、コントロールできない状況下にある」ともいえます。

 

食欲をコントロールする意図のないまま、食事制限を始めたらどうなるでしょう?
ストレスたまりまくりですよね。「食べたい!1日も早くダイエットなんか終わらせて、食べたいものをガンガン食べたい!」になりますよね。
これで万一痩せることができようものなら、「ダイエット解禁!」となった暁には、まるでアフリカの荒野で数ヶ月ぶりにハイエナを見つけた腹ぺこライオンのように、ものッッすごい勢いでガッツキそうです。そして「リバウンド必至」ですね(汗)

 

それよりも、食欲をコントロールできて、食べたいもの・必要なものをバランスよく、そして罪悪感なく食べられるようになりたいですよね。

 

 

「食べたい!どーっしても食べたい!」
「ガマンするなんて耐えられない!」
「これを食べたら太るの? 何をどれだけ食べたらいいの?」
「ああ~食べちゃった・・・私ってサイテー!だからいつまでたってもデブなのよ!自己管理できないダメなヤツ!

これらのイライラやモヤモヤ、不安感や不快感、嫌悪感や罪悪感から解放されて、こうした感情に振り回されなくなったら、最高にラクだと思いませんか?

 

 

 

森さんもこう語ります。

明らかに、生活様式そのものを無理なく変化させることが必要だとわかるはずです。

 

『え?あれも食べちゃダメなの?耐えられない!』とか、
『食べることが不安で、何を食べたらいいかわからないし、食べてしまった時の罪悪感が拭えない!』
という悩みが、

『食べることもあるけど、前ほどむやみに欲しがらなくなった』とか
『自分に何が必要なのかが明確にわかり、食べること自体が楽しめるようになった』。

これだけで体型は変わるのです。

出典 「ダイエットは食事9割」は極論か?いえ、ど真ん中です。むしろ食事10割です。|森拓郎 オフィシャルブログ

 

 

 

 

 

●でも、「ダイエット」だけでは腹筋は割れないし、ヒップアップもしない。
ボディラインを変えたければ「トレーニング(運動)」も必要。

150721_01

 

 

食習慣を正して食欲をコントールできるようになり、バランスの取れた食習慣が身についたとしても、それで理想のボディになれるかというと、そうではないですよね。

 

食習慣を正せば、代謝は上がり、余分な脂肪もとれるので、痩せます。

 

でも、だからといって、食習慣を正しただけで、
「バキバキに割れた腹筋」
「キュッひきあがったヒップ」
「引き締まったウエストライン」
「筋肉のラインがくっきり出た腕や脚、背中のライン」・・・
これらが確立するかというと、答えは「ノー」ですよね(笑)

 

 

ボディメイクをしようと思ったら、運動などのトレーニングが必要ですし、さらにいえば、「『ボディメイクするための食習慣』も必要になる」わけです。
これについて、森さんは、「現代のダイエットは、ボディメイクとごっちゃになっている」と語りました。

 

確かに、代謝を促進したり、脂肪を燃焼させたり、また食欲をコントロールするための食事(ダイエット)と、筋肉を肥大化させたり、引きしめたり、筋肉のラインを際立たせたりするための食事(ボディメイクのための食事)とでは、内容がまったく異なりますよね。

 

 

 

●ボディメイクは、「ダイエット」を土台に行う方が効率的
150804_03
画像引用元 https://secure3.convio.net/ccssk/

 

その上で、森さんは、「ボディメイクは、ダイエット(食習慣を変えること)を土台に行う方がいい」 と語ります。

 

 

「運動はあくまで痩せやすくする方法や、身体を作ることを目的として行うことであり、(食事制限ではなく)食事内容を無理なく改善していくことがダイエットであり、それは痩せるだけでなく、筋肉をつけて体重を増やす、健康になるということも含め、自分の食欲をコントロールすることがダイエットなのです。そこに運動は補助として存在してもよいことですが、メインにもってくることではありません。

なぜなら、『ダイエットは食事療法そのもの』のことをいうのだから。
痩せたことがダイエット成功ではありません。

無意識の食事で理想の状態が保てるようになっていることが、ダイエット成功だということです。

 出典 俺は運動3割、食事7割くらいだと思うけどなーという人。|森拓郎 オフィシャルブロ

 

 

いかがでしたか?
大人世代であればあるほど、確かに代謝も落ち、筋力も衰えていくものですよね。
とはいえ、過激な食事制限やハードすぎる筋トレなどで、いつリバウンドするとも知れない「瞬間最大風速的いまだけ理想のボディ」になれればそれで満足か、というとそうではないですよね・・・

 

 

どうせなら、太りにくく痩せやすく、かつ、健康的な体でいたいですよね。
また、食欲を上手にコントロールできて、好きなもの・必要なものを適度に楽しめる食習慣を身につけ、楽しく、人生を謳歌していたいですよね!

 

 

ダイエットをしてもなかなか痩せない、なかなか思うように結果が出ない・・・そんなときこそ、いま一度、ご自身の食習慣・生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか? 思わぬ「ダイエット成功へのカギ」が見つかるかもしれません!

 

 

 

美容・ダイエットおすすめ商品♪

 

●プロのパーソナルトレーナー監修。アメリカの最新理論を取り入れ、2ヶ月でマイナス10キロを目指す超効率脂肪燃焼プログラム【BYE-10ダイエット】
BYE-10ダイエットプログラム

 

 


●筋肉と脂肪へのダブルの刺激で自分史上最高ボディに!EMS&インナーマシン「ボディカル」

 

 

世界初!爪でわかるダイエットプラン
テレビでも話題の【DNA SLIM。簡単遺伝子チェック】

 

●【新商品】 大ヒット骨盤矯正商品「Style」進化版登場。五輪金メダリストらトップアスリート共同開発。体幹を鍛え、美姿勢をカラダに記憶させるボディメイクシート【Style Athlete】

Athlete

 

 

●姿勢を正せば美人度アップ、ダイエットにも効果あり。馬術師の美しい姿勢をもとに作られた【馬術師の腰から支える姿勢ベルト】

 

 

●一瞬で自宅のお風呂が岩盤浴に!楽ちん発汗美容ダイエット 【バナナスリム】

 

 

●「脚のむくみ、太もも痩せ、O脚X脚・・・脚の悩みから1日でも早く卒業したい!」そんな方におすすめ。1万5千人以上の女性が成功、【スポーツ科学専門家が考案した脚痩せプログラム】。ウエスト引き締め、ヒップアップなどにも対応。
脚が太くてファッションが辛い…ついに解禁!【全額返金保証】脚やせの秘密★


 

 

●仕事・恋愛・人間関係・病気やお金の悩みなどでお悩みのあなた。ひとりで悩まず、プロに相談して悩みを解決しませんか?【老舗の電話占いサイト「電話占いヴェルニ」の会員募集プログラム】 会員数10万人以上。雑誌やTVメディア等、全国で活躍する人気の占い師の先生方が多数在籍。通話料・登録料は0円。電話占いヴェルニ】会員&募集

 

 

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム
マッチ・ドットコム

 

 

約5分で水素水を生成!「ビューステージ チャージ プレミアム」
ビューステージチャージプレミアム

 

 

●毎朝スッキリしたい!そんなあなたにおすすめ。乳酸菌系のサプリといえばこちら!ロングセラー商品です!
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌をギュギュッっと凝縮!生きて大腸まで届く乳酸菌サプリ【善玉菌のチカラ】
善玉菌のチカラ

 

 

●17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合した業界トップクラスの乳酸菌サプリの製品!
年齢と共に減少する乳酸菌を補助。おとな世代の美容と健康の強い味方!
40代女性のための乳酸菌サプリ!17種類1.7兆個の乳酸菌『女神フローラ』


 

 

●安心!キレイ!どっさり!あしたば青汁のヒミツ!【ふるさと青汁】
ふるさと青汁

 

 

 

【送料無料】皮膚科採用のミネラルファンデ

 

●簡単ケアでつるすべ小顔に♪エステに通うより断然お得!本格的超音波イオン同時導入美顔器
美顔器

 

 

●「仕事や育児で健康診断やガン検診にいく時間がとれない・・・」「検査にいくのはちょっと怖い・・・」そんなあなたにおすすめです。こんなのもありますよ。自宅で簡単に健康状態をチェックできる「検査キット」。自宅で簡単ガン検査


 

 

●「お店に通う時間ない。でも脱毛したい!」そんなあなたに嬉しい大人気の脱毛器。自宅脱毛1発0.46円、つるつるすべすべ肌が手に入る!


 

 

●いますぐ脱毛したい方、VIOラインすべて脱毛したい方にはブラジリアンワックスがおすすめ。ブラジリアンワックスはANGELICA

 

スター為替証券