40代で内臓脂肪をおとす方法はコレです!内臓脂肪を落とす方法は有酸素運動?筋トレ? いえいえ、もっとシンプルで簡単な方法です。

 

それ30代、40代、50代以降のみなさん、
こんなお悩みをお持ちではないですか?

「食事制限も、運動も、こんなに頑張ってるのに全然痩せない・・・

「30代を過ぎてから年々体重が増え続けてる・・・!

「お腹周り・腰周りが急にふっくらしてきた!!」 などなど。

 

なかには、
「体重は変わってないのに、お腹がぽっこりしてきた!下半身が急にふっくらしてきた!!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

その「ぽっこりお腹」「でっぷり下半身」、
がんばってもがんばっても落ちないその脂肪、
もしかしたらそれ、いわゆる皮下脂肪じゃなくて、
「内臓脂肪」かもしれませんよ。

151214_01
画像  http://torontocaribbean.com/

 

 

 

 ●「え? 内臓脂肪って女性はつきにくいんじゃないの??」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれないですね(笑)
確かに、脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があります。
それに、どちらかといえば、内臓脂肪は、元々の筋肉量や女性ホルモンの分泌量の違いから、筋肉量の多い男性の方が比較的つきやすく、女性はどちらかというと少なめと言われていますね。

 

ところが、30代後半や40代以降など更年期近くなると、女性ホルモンの分泌量の低下や筋力の衰えなどの理由から、私たち女性も内臓脂肪がつきやすくなるんです!

 

 

 ●ぽっこりお腹、下半身の脂肪がなかなか落ちないのは、「2つの脂肪には落ちる順番があるから」

 

しかも、この内臓脂肪と皮下脂肪の2つの脂肪には「落ちる順番」が決まっています。
脂肪が落ちる順番は、
①内臓脂肪→②皮下脂肪の順。

 

「運動も食事制限も頑張ってるのに、お腹ぽっこりが解消されな~い!」
と、ポニョポニョしたお腹のお肉をつまみながらお嘆きのあなた!、
そのぽっこりおなかが解消されない原因、もしかしたら、「内臓脂肪」が原因かもしれませんよ!

 

 

*内臓脂肪、皮下脂肪の違い、見分け方や落とすコツなどについては、こちらの記事もどうぞ。

アラフォー女性に多い隠れメタボ「内臓脂肪型肥満」!痩せたければまず内臓脂肪除去を!内臓脂肪・皮下脂肪の違い。脂肪の落とし方のコツ。

 

 

 

 

●内臓脂肪をつく最大の要因は「食生活の乱れ」


内臓脂肪がつく最大の原因は、何かの病気でない限りは「乱れた食生活」が原因
と考えられています。
151214_02
画像 http://trendymods.com/

 

 

 

「え、でも、そんなにたくさん食べてないし、糖質や脂質、塩分も控えてるし、以前と食事内容はかわってないのに、食習慣が乱れてるってこと??」

そう思われた方もいらっしゃると思います。
でもですね、よく考えてみてください。
いまあなたは何歳でしょうか? 30代?40代? 少なくともいまあなたが10代でなければ確実に「加齢」をしていますよね。
加齢や運動不足などの理由からどうしても私たちは代謝が落ちがちだし、筋力も衰えがちになります。
にも関わらず、10代20代の頃と同じ食事内容・食事量を続けていては、「食べ過ぎ」です。その食べ過ぎた分が脂肪になり、身体の内外についていくことに!

 

 

また、あなたの恋人やご主人やお子さんなど、代謝効率も筋肉量もそもそもが異なる男性や若者と同じボリュームの食事を摂り続けていたら、どうなるでしょうか?
皮下脂肪を溜め込んで肥大化し、たるんだボディラインに、さらには、内臓脂肪をも溜め込んでますます痩せにくい体質に! それどころか生活習慣病のリスクまでも背負ってしまう危険性もあります。

 

 

どれだけ食事内容に気を遣っても、どんなに運動を頑張っても、
「一向にボディラインが変わらない!」、
お腹周り、腰周り、太もも、お尻などの下半身痩せに成功できない、
だとしたら、まずは内臓脂肪を取りのぞくことが先決かもしれませんよ。

 

 

前述のとおり、この2つの脂肪には「落ちる順番」が決まってます。
脂肪が落ちる順番は、①内臓脂肪→②皮下脂肪の順。
内臓脂肪が落ちて、次に皮下脂肪が燃焼する、という順番です。

 

しかも、以前の記事でもお話しましたが、内臓脂肪は比較的落としやすく、燃やしやすいと考えられている脂肪です。
一説には、「余分な脂肪が全部落ちるには、最低でも2~3年はかかる」とも言われていますが、一方、内臓脂肪型肥満の方を対象に減量指導をした研究で、4ヶ月間で体重が平均2.9kg減少、内臓脂肪面積が平均22.9cm² (12.5~55.0cm²)減少したということもあったそうですよ!
参考 内臓脂肪Q&A 

 

 

 

●内臓脂肪を落とす方法は有酸素運動?筋トレ? 
いえいえ、もっとシンプルで、もっと簡単で、しかも内臓脂肪をおとす上で欠かせないことです。

 

以前の記事では、内臓脂肪、皮下脂肪それぞれを効率よく落とすためのエクササイズについてお伝えしましたが、運動とは別で、もっと簡単で、しかも内臓脂肪をおとす上で欠かせないことがあります。

 

 

内臓脂肪がつく最大の要因は、「食生活の乱れ」とお話しましたね。
この食生活の乱れで意外と見落としがちなのが「食べ過ぎ」
前述の通り、加齢や運動不足で代謝も筋力も衰えたのにも関わらず、若いころと同じボリュームの食事を摂っている、ということも原因と考えられます。
加えて、近年多くなっている「食べ過ぎ」の要因が・・・

 

 

「ながら食い」。
151214_03
画像 http://www.suckhoetamthan.net/

 

 

 

パソコンを使って仕事をしながらごはんを食べたり、
TVを見ながら晩ごはんを食べたり、スマホ操作をしながら食事を摂ったり。

heavy woman watching TV while eating junk food
画像 http://nutritioncheckup.com/

151214_05
画像 
http://nutritioncheckup.com/

 

 

この「ながら食い」、ついついやってしまいがちではないですか?
ひとりで食事してる時なんて特に、
なんとなくスマホをいじりながら食べてたり、
なんとなくテレビをつけてテレビを見ながら食べてたり・・・

 

 

●「ながら食い」をすると、咀嚼回数が少なくなりやすく、「食べ過ぎ」になりがち!

こうして「ながら食い」をすることで、意識が口の中に入れている食べ物ではなく、スマホやテレビの方に意識が向いてしまいやすく、「咀嚼回数(ものを噛む回数)」も少なくなりがち。
スマホ画面やテレビをみながら、食べ物を口の中にポイッと放りこんで、ほんの数回噛んだだけで飲み込むように食べてしまう。こうして、咀嚼回数が少ないことで、満腹中枢が働きにくく、「早食い」「食べ過ぎ」になりがちです。

 

 

●「ながら食い」をすると、「早食い」にもなりやすい!

「ながら食い」で食べ物を咀嚼する回数が少なくなると、どうしても「早食い」にもなりがちです。
この「早食い」問題、ロード・アイランド大学が発表した研究結果によると、

・食べるのが速い人は遅い人に比べて体重が多い

・食べるのが速い人は、食べるのが遅い人に比べて最大で約8キロも体重が多かった

ことが分かっています。しかも、食べるのが速い人は体重だけでなく、肥満度を表すBMI値も高いことが明らかとなりました。

 

 

また、別のアメリカで発表された研究結果によると、

10分で食事を済ませてしまう人は、25分かけて食事を摂る人よりも15~20%余計にカロリーを溜め込んでしまう

ということも明らかに。

 

 

この「早食いは太る」説、
「フレンチ・パラドックス(French paradox)」でも有名ですね。
このフレンチ・パラドックスとは、「フランス人が相対的に喫煙率が高く、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食事を摂取しているにもかかわらず、冠状動脈性心臓病に罹患することが比較的低いことが観察されていること(※フランスのボルドー大学の科学者、セルジュ・レナウド博士による造語)」。

151214_07
画像 http://www.thetravelpop.com/

 

要は、同じようにカロリーが高く脂肪分が多い食事をしているにもかかわらず、(むしろフランス人の方が喫煙率や飲酒率も高く、カロリーの高い食事をしているにもかかわらず)アメリカ人よりフランス人のほうが心臓病や肥満が少ないという現象です。

151214_06
画像 http://www.implantationauxusa.com/

 

 

これに関して、一説には、フランス人がよく摂取するワインとチーズの効能うんぬんなど言われたこともありますが、とはいえ、
「フランス人はアメリカ人より長い時間をかけて少ない量を食べる」という報告もあるようです。
また、平成21年度の農林水産省の調査で、食べる速さと体型別の関連を調査したところ、「食べるスピードが速い」と回答した63.9%が肥満だったことも明らかになりました。(参照  農林水産省/ゆっくり食べる

 

 

以上のことから、食べているものの内容というよりは、
「よく噛んで食べる」
「食べることにゆっくり時間をかける」ことが大事
ということですね。

 

 

 

●15~20分の食事の間だけスマホやテレビはオフ。食べることを味わい、楽しみませんか?

151214_09
画像 http://www.feminiya.com/

 

 

内臓脂肪を減らす食事のコツは、
「よく噛んで食べる」
「食事にゆっくり時間をかけて楽しむ」こと。

 

もちろん、内臓脂肪を落とすためやダイエットや健康のために、運動を取り入れるのも効果的です。それと同時に重要なのが、やっぱり「バランスのとれた食習慣」です。
そんな食習慣を正すために、炭水化物の量を減らしたり、野菜を多めにしたりなど、食事内容を変える方は多いですが、意外と見落としがちなのが、「食べ方」。「よく噛んで食べる」が忘れられがちです。

 

 

よく噛んで食べるために、まずは食事時間の10分、15分~20分の間だけ、スマホやテレビはOFFにして、食事を味わい、食べ物を楽しむことから始めてみませんか?

 

 

スマホやテレビをOFFするかわりに、リラックスできるような自分の好きな音楽をかけたり、ご自宅で夕ご飯を食べる際には、照明を少し暗めにしてムード作りの演出をしてみたり。
また、ご家族や恋人、友達と一緒のときは、スマホやテレビはOFFにして会話を楽しみましょう。

 

151214_08
画像 https://www.starmarkvacationhomes.com/

 

 

 

*「イタリアの至宝」と呼ばれたイタリアを代表する美人女優、モニカ・ベルッチ。50代に突入しても美貌・美ボディ・美肌健在。

151214_10
画像 http://zeenews.india.com/

*007シリーズ最新作「007/スペクター」でもダニエル・クレイグと共演。妖艶なラブシーンも話題に。
151214_11
画像 http://howomen.com/celebrities/

 

 

そんな彼女の「食」に関する名言がこちら。

 

「友達と一緒に食事をしていると、ほんものの喜びを感じるわ。
私はいま人生を楽しんでる!と心から実感できる瞬間よ」

151214_12
画像 https://quotesgram.com/real-pleasure-quotes/

 

 

 

 

 

*こちらの記事もあわせてどうぞ。

痩せたかったら30回噛んで食べろ?100回?ムリムリ!!どうしても『よく噛んで食べる』が出来ない!」そんなあなたへ。よく噛んで食べると痩せる理由

 

よく噛んで食べて痩せる!プロの栄養コンサルタントが教える「よく噛んで食べるコツ」をご紹介

 

「早食いは太る」ほんとうの理由

 

アラフォー女性に多い隠れメタボ「内臓脂肪型肥満」!痩せたければまず内臓脂肪除去を!内臓脂肪・皮下脂肪の違い。脂肪の落とし方のコツ。

 

 

 

☆「どうしてもダイエットが続かない!」「プロの指導を受けて確実に痩せたい!」 
そんなあなた、プロのパーソナルトレーナーによる指導とサポートを受けながら「短期集中・本気ダイエット」はいかがでしょう?
詳細はこちら
↓ ↓ ↓

●プロのパーソナルトレーナー監修。アメリカの最新理論を取り入れ、2ヶ月でマイナス10キロを目指す超効率脂肪燃焼プログラム

BYE-10ダイエットプログラム

 

 

☆「こんなに頑張ってるのに全然痩せない!」 とお悩みあなた。もしかしたら、ご自分の「肥満遺伝子」に合わないダイエットをしてるのかも!DNA検査で「自分の体質」「自分の肥満傾向」を知り、さらには「自分に合ったダイエットプラン」を知ることができますよ。
詳細はこちら。

↓ ↓ ↓
●テレビでも話題のDNA SLIM。簡単遺伝子チェック世界初!爪でわかるダイエットプラン

 

☆このダイエット遺伝子検査キット、体験してみました。詳細はコチラをどうぞ。
[参照記事] ダイエット遺伝子検査で「私が痩せられない本当の理由」が分かりました!ハーセリーズ DNA SLIM ダイエット遺伝子分析キット感想

 

 

美容・ダイエットおすすめ商品♪

 

●プロのパーソナルトレーナー監修。アメリカの最新理論を取り入れ、2ヶ月でマイナス10キロを目指す超効率脂肪燃焼プログラム【BYE-10ダイエット】
BYE-10ダイエットプログラム

 

 


●筋肉と脂肪へのダブルの刺激で自分史上最高ボディに!EMS&インナーマシン「ボディカル」

 

 

世界初!爪でわかるダイエットプラン
テレビでも話題の【DNA SLIM。簡単遺伝子チェック】

 

●【新商品】 大ヒット骨盤矯正商品「Style」進化版登場。五輪金メダリストらトップアスリート共同開発。体幹を鍛え、美姿勢をカラダに記憶させるボディメイクシート【Style Athlete】

Athlete

 

 

●姿勢を正せば美人度アップ、ダイエットにも効果あり。馬術師の美しい姿勢をもとに作られた【馬術師の腰から支える姿勢ベルト】

 

 

●一瞬で自宅のお風呂が岩盤浴に!楽ちん発汗美容ダイエット 【バナナスリム】

 

 

●「脚のむくみ、太もも痩せ、O脚X脚・・・脚の悩みから1日でも早く卒業したい!」そんな方におすすめ。1万5千人以上の女性が成功、【スポーツ科学専門家が考案した脚痩せプログラム】。ウエスト引き締め、ヒップアップなどにも対応。
脚が太くてファッションが辛い…ついに解禁!【全額返金保証】脚やせの秘密★


 

 

●仕事・恋愛・人間関係・病気やお金の悩みなどでお悩みのあなた。ひとりで悩まず、プロに相談して悩みを解決しませんか?【老舗の電話占いサイト「電話占いヴェルニ」の会員募集プログラム】 会員数10万人以上。雑誌やTVメディア等、全国で活躍する人気の占い師の先生方が多数在籍。通話料・登録料は0円。電話占いヴェルニ】会員&募集

 

 

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム
マッチ・ドットコム

 

 

●活性酸素を強力に除去!ダイエットに美肌に、さらにガン治療にも効果ありと話題の「水素水」。そんな水素水を手軽に作ることができるスティックタイプの水素水メーカー。
手軽に簡単!!水素水が作れる飲める~Anyti-H2/エニティエイチツー

 

 

●毎朝スッキリしたい!そんなあなたにおすすめ。乳酸菌系のサプリといえばこちら!ロングセラー商品です!
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌をギュギュッっと凝縮!生きて大腸まで届く乳酸菌サプリ【善玉菌のチカラ】
善玉菌のチカラ

 

 

●17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合した業界トップクラスの乳酸菌サプリの製品!
年齢と共に減少する乳酸菌を補助。おとな世代の美容と健康の強い味方!
40代女性のための乳酸菌サプリ!17種類1.7兆個の乳酸菌『女神フローラ』


 

 

●安心!キレイ!どっさり!あしたば青汁のヒミツ!【ふるさと青汁】
ふるさと青汁

 

 

 

【送料無料】皮膚科採用のミネラルファンデ

 

●簡単ケアでつるすべ小顔に♪エステに通うより断然お得!本格的超音波イオン同時導入美顔器
美顔器

 

 

●「仕事や育児で健康診断やガン検診にいく時間がとれない・・・」「検査にいくのはちょっと怖い・・・」そんなあなたにおすすめです。こんなのもありますよ。自宅で簡単に健康状態をチェックできる「検査キット」。自宅で簡単ガン検査


 

 

●「お店に通う時間ない。でも脱毛したい!」そんなあなたに嬉しい大人気の脱毛器。自宅脱毛1発0.46円、つるつるすべすべ肌が手に入る!


 

 

●いますぐ脱毛したい方、VIOラインすべて脱毛したい方にはブラジリアンワックスがおすすめ。ブラジリアンワックスはANGELICA

 

スター為替証券