大人女子の最大の悩み「何をやっても痩せない」。その理由はコレかもしれまん!運動も食習慣の見直し等すべてやってみたのに痩せない・体重が減らない・むしろ体重UP?!何をやってもやせないその原因について。

「色々がんばってみたけど、やっぱり痩せません(涙)」

 

そんな時ってありますよね。

160130_01

 

もちろん、「ダイエットを昨日今日始めたばかり」などではなく、継続的にがんばってきた、

 

30日プランクチャレンジで運動も日々取り入れて頑張ってるし、続けてる、

 

食習慣も見直してみたし、適切なものを適量、よく噛んでゆっくり食べるようにしてる、

 

便秘解消のため、腸内環境・腸内フローラを整えるためにもホットヨーグルトも食べてるし、

 

内臓脂肪をへらすための運動習慣も取り入れてる、

 

内臓下垂対策・予防のためのエクササイズも取り入れてる、

 

寒い季節だけど、寒さを逆手にとって「寒さ我慢ダイエット」にも挑戦してる・・・

 

 

 

そう、ありとあらゆるダイエットにまつわる情報をかき集め、「これはよさそう!」と思うメニューを取り入れ、日々日々コツコツとチャレンジし続けてるものの、
なかなか思うように体重が減らない、ボディラインが変わらない・・・

 

「一体何がダメなの?何をどうすればいいの?」
「それとも、もう若くないから『今さら痩せるなんて諦めろ』ってこと?」

 

 

確かに、40越えると、いえ、30代も後半にさしかかってくると、
10代20代のころのように、ちょこっと食事制限・ちょこっと運動した程度の「ライトな努力」でスルスルッと痩せちゃう!なんてことは、ありえないですよね。
30代後半ともなると、痩せにくく太りやすくなるのは確かに事実です。

 

 

でもですね・・・
でもですよ?
「何をやっても 痩せない」
「あらゆるものを試して頑張ってるのに体重が減らない」
その理由もしかしたら、『コレ』かもしれません。

 

 

 

■もしかして今、「生理前」ではないですか?

160130_02

 

 

何をどうがんばっても痩せません! そう思ったら、
「あれ?次の生理っていつだっけ?」
と疑ってみて下さい。

 

痩せない痩せないと悩んでるいま、もしかしたら、女性のカラダの1ヶ月サイクルの内、「痩せにくく太りやすい」と言われている『生理前』にあたるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

■女性の体の「1ヶ月サイクル」とは?

 

女性のカラダの1ヶ月サイクルはこの3つに分かれます。

 

1.月経・・・生理期間中
2.卵胞期・排卵・・・生理終了後~排卵日
3.黄体期・・・排卵後~生理前 

 

 

この3つのサイクルの中で、
もっとも痩せやすいといわれているのが、
以下の画像でいう「卵胞期・排卵」。
生理終了後~排卵日の期間ですね

 

o0380032713019972432

 

 

逆に、
もっとも痩せにくいといわれているのが、
「黄体期」。
排卵後~生理前 です。

 

 

というわけで、
生理終了後~排卵日(10日~2週間)は痩せやすく、
生理前(10日~2週間前)は痩せにくい
というわけです。

 

 

 

■生理前に痩せにくくなる理由は、女性の体のメカニズムにあり

 

 

「生理前は痩せにくい」。
その理由は、女性のカラダのメカニズムにあります。

 

生理が来る前、特に1週間~10日前くらいになると、
女性のカラダは、受精卵を迎える準備をしようとします。
ここで、女性のカラダは、少しでも多く栄養分や水分を溜め込もうとします。

 

なぜかというと、
仮に、この時期に卵子が受精したとして、でも充分は栄養分や水分がなかった場合、スムーズに妊娠できないため、女性のカラダは、栄養分、水分などあらゆるエネルギーを溜め込もうとするわけです。

 

 

というわけで、
・生理前になると、食欲が増す (栄養分の貯蓄)
・生理前になると、むくみやすくなる (水分の貯蓄)
・生理前になると、外出したくないモードになる (エネルギーの貯蓄)

 

こういった症状が起こりやすく、
かつ
「痩せにくい」「太りやすい」ということが生理前になると起こるわけです。

 

 

 

 

●なお、女性の「骨盤」は、生理周期に沿って骨盤が開いたり閉じたりします

 

女性の場合、生理との兼ね合いで骨盤は開いたり閉じたりをします。骨盤の開閉をすることによって、生理前後に分泌されるエストロゲン、プロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌を促します。

150904_01
画像引用元 http://bihada-mania.jp/blog/

 

骨盤は黄体期に開き始め、生理開始2日目に最も開くと言われています。生理2日目といえば、色が濃いめの血がたくさん出やすいですよね。これは、骨盤が開いて経血とともに老廃物を排出させているためなのだそうです。

逆に最も骨盤が閉まっているのは、排卵期。
この時、エストロゲンの分泌が最も多くなります。

 

 

なお、エストロゲンという卵胞ホルモンの作用は、「女性らしい丸みを帯びた身体を作る」「肌や髪の潤い・ハリを保つ」「感情をコントロールし、情緒を安定させる」などの作用があります。

 

一方、プロゲステロンという黄体ホルモンの作用は、「受精卵が着床しやすいように、子宮内膜のコンディションを整える」「基礎体温を上げる」「食欲を促す」などの作用があります。

 

 

そう。この女性ホルモンの分泌周期についても「痩せにくさ」「太りやすさ」は大いに関連しているとも言われてるんです!

 

 

 

 

■生理前に痩せにくくなる理由は、女性ホルモンとの関連も

 

「生理前は痩せにくい」。
その理由はさらに、「女性ホルモン」の分泌にも関連します。

 

 

 

●女性ホルモンの種類

女性ホルモンには、
エストロゲンという卵胞ホルモンと、
プロゲステロンという黄体ホルモンの2種類があります。

 

 

 

☆エストロゲンの作用
~排卵に関わるホルモン~

・女性らしい丸みをおびた体つきをつくる
・肌や髪の潤いや、ハリを保つ
・脳細胞を活性化する
・感情をコントロールし、情緒を安定させる
・もの忘れを防止する
・骨や血管を丈夫にする
・血液中のコレステロールの増加を抑える
※更年期になり排卵がなくなると、分泌されなくなる

 

 

☆プロゲステロンの作用
~生理に関わるホルモン~

・受精卵が着床しやすいように、子宮内膜のコンディションを整える
・妊娠後の胎盤の状態を安定させる
・基礎体温を上げる作用がある
・乳腺を発達させる
・食欲を促す
・利尿作用がある
※妊娠すると常に分泌されるようになる
※また、このホルモンが分泌されている時期は、イライラや不安や憂鬱感、肩こりなどの症状が出やすい。

 

 

これら2つの女性ホルモンを分泌するのは卵巣ですが、卵巣にホルモンを分泌するように指令を送るのは脳の視床下部。卵巣と脳はつながってるんですね。

image_horumon
画像引用 http://www.zakuroya.co.jp/

 

 

つまりは、卵巣の機能が低下したり、ストレスなどで脳の指令系統がみだれると、ホルモンの分泌がみだれ、分泌がスムーズに行われなくなってしまうわけです!

 

 

 

 

●「痩せる女性ホルモン」「太る女性ホルモン」

 

さらにいえば、この女性ホルモン、私たち女性のダイエットにも深くかかわりがあるんです。

CLUB Panasonicのダイエットナビによると

 

 

エストロゲンが多く分泌されている時期は・・・「痩せやすい」

●心身共に体調がよくなり、集中力もアップ
●代謝がスムーズに行われやすい
●脂肪燃焼や老廃物排出がスムーズに行われやすい
●肌や髪にハリやツヤ、潤いをキープしやすい
●ダイエットや運動、肌ケアなどの効果も出やすい

 

 

一方、プロゲステロンが分泌されている時期は・・・「痩せにくい」

●体が疲れやすい
●気持ちもイライラしがち
●水分を溜め込みやすくなるのでむくみやすい
●大腸の蠕動運動が低下しするので、便秘になりがち
●自律神経の働きも鈍くなり、ダイエットの効果が出にくい

 

 

要は、エストロゲンが分泌されている時期こそ、ダイエットで結果を出しやすく、プロゲステロンが分泌されている時期は、何をどれだけ頑張ってもなかなか結果に結びつきにくい、というわけなんです。

 

 

●「痩せる女性ホルモン」が分泌される時期は?

 

 

 

そんな女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」が分泌される周期は以下の通り。

ホルモンの分泌量と生理周期のグラフ
画像 http://www.zakuroya.co.jp/

 

 

 

この図をご覧頂けるとお分かりのように、生理がはじまった日から約1週間は、エストロゲン、プロゲステロン共に一定に分泌。
その後、排卵前までは、エストロゲンの分泌が増加。
さらにその後、排卵~生理前までは、逆にエストロゲンの分泌が減少します。

 

 

 

要は、ダイエットに最適なのは、痩せるホルモン、エストロゲンの分泌量が増える『生理後~排卵前』。
2ホルモンの分泌量と生理周期のグラフ

 

 

逆に、ダイエットをしてもなかなか結果に結びつきにくいのが、エストロゲンの分泌が減少する『排卵後~生理前』

脂肪や水分をためこみやすく、むくみや便秘にもなりやすく、
さらには自律神経のバランスが乱れてイライラしたり不安になったり落ち込んだりしがち。
そのため、食べることで心身のバランスをとろうと食欲過多になったりしがちといわれています。

 

 

 

■「がんばってるのに痩せない!」
そんなあなた、いま「痩せにくい生理前」ではないですか?

160130_03

 

 

 

もう一度繰り返しますと、
何をどうがんばっても痩せない!
そう思ったら、
「あれ?次の生理っていつだっけ?」
とご自身の生理周期を振り返ってみてください。

 

 

ダイエット成功や美肌作りをサポートしてくれる女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少し、かわりに「プロゲステロン」の分泌量が激上がりしやすい『排卵後~生理前』は、上記の通り、女性のカラダの仕組み上、どうがんばっても「痩せにくいし、太りやすく」あります。

 


また、
自律神経のバランスが乱れてイライラしたり不安になったり落ち込んだりもしやすく、さらには食べることで心身のバランスをとろうと「食欲過多」「甘いものがやたら欲しくなる」などにもなりがちといわれています。

 

 

以前の記事でもご紹介しましたが、痩せにくくダイエットの効果も出にくい生理前の過ごし方のコツは、
『焦らず怠けず、心穏やかに慎重に』がポイント。

 

●脂肪が燃焼されにくく、食べたものがそのまま体につきやすい時期。食事は「適量をバランスよく」「よく噛んでゆっくり食べる」
●規則正しい生活、バランスの取れた食事、充分な睡眠時間の確保を。
●きたる生理期にむけて「準備」する時期。生理時の経血とともに失われる栄養素の補給と、便秘対策に適量の水分補給を。

 

●イライラや不安、憂鬱が起こっても「こういう時期なんだから仕方ない」と割り切り、のんびり過ごす。

 

 

「でも・・・何か運動をしたい!」
そんな方におすすめなのが、「生理周期別の骨盤調整エクササイズ」です。

 

 

 

 

 

■生理周期別骨盤調整エクササイズ

 

●生理中でも「骨盤の調整」をすることで痩せ体質に!

前述の通り、私たち女性の「骨盤」は、生理周期に沿って骨盤が開いたり閉じたりします。骨盤の開閉をすることによって、生理前後に分泌されるエストロゲン、プロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌を促すわけですね。

 

 

*骨盤
150904_00
画像 http://lifewithanolive.com/

 

 

 

「骨盤」は、身体の中心にあり、ボディ全体を支える土台のような役割を果たします。とりわけ「骨盤底筋群」という筋肉群のはたらきは、美容にも健康にもかなり重要!

 

 

骨盤底筋群は、膀胱や子宮、直腸など骨盤内の内臓を下から支えていて、尿道や膣、肛門を取り巻いている筋肉群のこと。
骨盤の底にあって、恥骨から尾骨までの間をハンモックのように下から臓器を支えてます。
o0206015012918655069
画像引用元 フィットネスのすすめ 

 

① 恥骨直腸筋(肛門挙筋の一つ)
② 恥骨尾骨筋(肛門挙筋の一つ)
③ 腸骨尾骨筋 (肛門挙筋の一つ)
④ 深会陰横筋
⑤ 浅会陰横筋
⑥ 外肛門括約筋
⑦ 外尿道括約筋
⑧ 球海綿体筋
⑨ 坐骨海綿体筋

 

 

そんな骨盤底筋群の役割は、主な役割は2つ。

(1) 骨盤内の内臓を支えている
(2) 尿道や膣、肛門を引き締める

 

 

骨盤底のすべての筋群は、
膀胱や尿道、子宮、直腸などのお腹の臓器を下からしっかりと骨盤内臓器を支えます。

 

 

ちなみに、この骨盤底筋群、「筋肉群」ゆえに、カラダの他部位の筋肉同様、何もしないと、衰えます。
骨盤がゆがみ、骨盤底筋群の筋力が衰えると、冷え、代謝低下、ポッコリお腹、お尻が垂れる、ボディラインが崩れる、痩せにくくなる(太りやすくなる)等の美容面でのダメージはもとより、便秘、尿漏れや頻尿、腰痛、体調が悪くなるなど健康面でのダメージも予想されます。

 

 

 

生理前はもちろん、それ以外の周期でも、「骨盤のゆがみをとること」「骨盤底筋群の筋力を鍛えること」を意識して行っていきましょう!
そんな中、おすすめなのが、「生理周期別骨盤調整エクササイズ」。

 

このエクササイズは、

・生理後1~8日目
・生理後8~14日目
・生理後15~21日目
・生理後21~28日目

と生理周期別の骨盤の状態から考案されたエクササイズです。
ただし、28日周期で設定されていますが、周期が異なる方もいらっしゃいますよね。というわけで、

・生理後1~8日目⇒「排卵前(生理直後)」
・生理後8~14日目⇒「排卵前」
・生理後15~21日目⇒「排卵後」
・生理後21~28日目⇒「生理前」

という感じで、ご自身の生理周期に併せてエクササイズをするのがおすすめです。

 

*生理周期別エクササイズのやり方はこちら。

冷えやすく太りやすい生理前でも「骨盤」を調整すれば痩せ体質に!続・骨盤の専門家が教える「生理周期別冷え改善エクササイズ」

 
骨盤を調整することで、「痩せ体質づくり」だけでなく、「ボディメイク」、「冷え改善」や「代謝アップ」にも効果的です。
「生理中は痩せにくいし、だるいし、ダイエットはおやすみー!」なんて諦めず、かといって無理しすぎず」、日々「冷え改善」「骨盤調整」をおこなってまいりましょう。
*こちらの記事もあわせてどうぞ。
骨盤の専門家が教える「30秒冷え改善エクササイズ」

 

 

 

 




美容・ダイエットおすすめ商品♪

 

●プロのパーソナルトレーナー監修。アメリカの最新理論を取り入れ、2ヶ月でマイナス10キロを目指す超効率脂肪燃焼プログラム【BYE-10ダイエット】
BYE-10ダイエットプログラム

 

 


●筋肉と脂肪へのダブルの刺激で自分史上最高ボディに!EMS&インナーマシン「ボディカル」

 

 

世界初!爪でわかるダイエットプラン
テレビでも話題の【DNA SLIM。簡単遺伝子チェック】

 

●【新商品】 大ヒット骨盤矯正商品「Style」進化版登場。五輪金メダリストらトップアスリート共同開発。体幹を鍛え、美姿勢をカラダに記憶させるボディメイクシート【Style Athlete】

Athlete

 

 

●姿勢を正せば美人度アップ、ダイエットにも効果あり。馬術師の美しい姿勢をもとに作られた【馬術師の腰から支える姿勢ベルト】

 

 

●一瞬で自宅のお風呂が岩盤浴に!楽ちん発汗美容ダイエット 【バナナスリム】

 

 

●「脚のむくみ、太もも痩せ、O脚X脚・・・脚の悩みから1日でも早く卒業したい!」そんな方におすすめ。1万5千人以上の女性が成功、【スポーツ科学専門家が考案した脚痩せプログラム】。ウエスト引き締め、ヒップアップなどにも対応。
脚が太くてファッションが辛い…ついに解禁!【全額返金保証】脚やせの秘密★


 

 

●仕事・恋愛・人間関係・病気やお金の悩みなどでお悩みのあなた。ひとりで悩まず、プロに相談して悩みを解決しませんか?【老舗の電話占いサイト「電話占いヴェルニ」の会員募集プログラム】 会員数10万人以上。雑誌やTVメディア等、全国で活躍する人気の占い師の先生方が多数在籍。通話料・登録料は0円。電話占いヴェルニ】会員&募集

 

 

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム
マッチ・ドットコム

 

 

約5分で水素水を生成!「ビューステージ チャージ プレミアム」
ビューステージチャージプレミアム

 

 

●毎朝スッキリしたい!そんなあなたにおすすめ。乳酸菌系のサプリといえばこちら!ロングセラー商品です!
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌をギュギュッっと凝縮!生きて大腸まで届く乳酸菌サプリ【善玉菌のチカラ】
善玉菌のチカラ

 

 

●17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合した業界トップクラスの乳酸菌サプリの製品!
年齢と共に減少する乳酸菌を補助。おとな世代の美容と健康の強い味方!
40代女性のための乳酸菌サプリ!17種類1.7兆個の乳酸菌『女神フローラ』


 

 

●安心!キレイ!どっさり!あしたば青汁のヒミツ!【ふるさと青汁】
ふるさと青汁

 

 

 

【送料無料】皮膚科採用のミネラルファンデ

 

●簡単ケアでつるすべ小顔に♪エステに通うより断然お得!本格的超音波イオン同時導入美顔器
美顔器

 

 

●「仕事や育児で健康診断やガン検診にいく時間がとれない・・・」「検査にいくのはちょっと怖い・・・」そんなあなたにおすすめです。こんなのもありますよ。自宅で簡単に健康状態をチェックできる「検査キット」。自宅で簡単ガン検査


 

 

●「お店に通う時間ない。でも脱毛したい!」そんなあなたに嬉しい大人気の脱毛器。自宅脱毛1発0.46円、つるつるすべすべ肌が手に入る!


 

 

●いますぐ脱毛したい方、VIOラインすべて脱毛したい方にはブラジリアンワックスがおすすめ。ブラジリアンワックスはANGELICA

 

スター為替証券